<   2005年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

2種のケサディア・OceanFoods風


c0068922_10203365.jpg
最近ではスーパーマーケットや輸入食材店でフラワートルティアが
売っている事が多くなりましたね。
タコスもブリトーもいいけど、ここはOceanFoods流のケサディアといきましょう!
まず1種類目Aの中身は、
  薄くスライスしたトマト・茹でて5~6㎜にスライスしたじゃがいも
  塩・コショウ(・チリペパー・クミン・ガーリックパウダー等もあいます)

2種類目Bの中身は、
  合挽きか、牛挽肉500g程度を油をひかずに良くいためて、
  フライパンに出た余分な油分はペーパータオル等で吸い取り捨てます。
  そこにTacoシーズニング一袋と水を記載されている分量をいれて
  煮詰めます。これで、タコスにいれるあの挽肉ができあがり。
  冷凍も出来ますので沢山つくっておくと便利です!
  他にも応用範囲がひろいので、是非作り置きしてみてくださいな。

それぞれの具とモッツァレラチーズ(お好みの溶けるナチュラルチーズでOK)
が用意できたら、トルティアの皮が平らに広がるフライパンを用意して
オイルを使わずにトルティアをひろげて中火以下にかけます。
そこにAかBの具を全体に敷きつめます。厚みはせいぜい1㎝以内にしてください。
(AとBミックスもおいしいですが厚すぎるとチーズで上下の皮がくっつきません。)
そうそう、ピッツアをつくるときに、具をのせて、その上にチーズをのせる、、
というあの要領です。ピッツアとちがうのは、その上にもう一枚のトルティアを
かぶせて、上から手のひらで(この時点ではまだ全然熱くないです)
押し付けるようにして、上下の皮、具の三位一体をひっつけるのです。
チーズがとけてくるとちゃんとくっつきますから、はぁ~っ!っとかろやかに
気合のこもった掛け声とともにひっくりかえし、
両面がこんがりパリパリになったら切り分けてふ~ふ~いいながら
いただきましょう!

 サルサソースは、付け合せのアボカドサラダと、次回です。
 とりあえずサルサソースをつけずに頬張っておいてみてくださいね。
 これだけでも充分おいしいのですが、サルサソースとの相性で、
 マルガリータ、も~いっぱい、おかわりっ!きまり、です。

 ご質問やお問い合わせなんでもど~ぞ!こちらの<お問い合わせ>からでも
 コメントに残していただくのも大歓迎です!
 
by oceanfoods | 2005-07-31 10:26 | 中南米系

厚揚げのパイナップルチリソースがけOceanFoods風

これはレシピというには、ちょい図々しいほどですが、、
このパイナップルチリソース、色々と応用もききますし、
あまりに簡単に作れるものだから、
エスニック好きの皆様にOceanFoodsが
得意げにお奨めできる発明品?です!
た~っぷりつくればパーティーでも
              おおうけ!たぶん。。

   厚揚げ  ------  1枚でも2枚でも人数にあわせて。。
                1人分は半枚もあればOKです。
                一口大のさいの目にきって、
                チンするだけでも、また、ごま油やピーナツオイル等で
                かりーん、とするまで炒めてもおいしいです。
                あ、茹でる、というのも余分なオイルがとれていいですね!
                いずれかの方法で火を通したら(夏場は特に大事ですね)
                お皿にこんもりと盛り付けておきましょう。
                           
   パイナップル(生でも缶でも可)
          -----   缶詰なら一缶を中身を粗ミジンにきざんでおきます。
                汁を半分ほど鍋(ノンスティックのフライパンが便利ですよ)
                に刻んだパインといっしょに入れ中火で煮詰めます。
                
   スウィートチリソース        -----  大さじ5~7杯位
    (ほら、生春巻きとかをつけるタイ料理定番の、市販品の真っ赤なソースです)
   レモン果汁              -----  大さじ2~3杯位
   グラニュー糖             -----  大さじ2~3杯位

                パインは、殆ど汁がなくなる程度に煮詰めますが、
                絶対に焦がさない、これだけがポイントです!
                あとは、スウィートチリソース、レモン果汁、グラニュー糖を
                最初から全量いれないで、お味見しながら、、、
                時間と火力勝負の中華料理ではないので、
                弱火にして自分の味をみつけましょう、時間はあります。
                ちょっと甘すぎで、ちょっと酸っぱすぎ、、位がいいのです。
                喉にひり、っとくる濃厚なあまずっぱさ。。。アジアンです。。

厚揚げだけじゃなくて、なんとあのキングオブ定食のつけあわせの
ポテトサラダにも、どろっとかけてみてくださいな、いけます!
もし、ポテトサラダをこれからつくっちゃお、というときは、
是非、アメリカンなマヨネーズを使ってください。マイルドなほうが、
パイナップルチリソースとよくあいます。
そんなときの具は、ゆでたジャガイモとスライスした玉ねぎだけで充分です。
それに塩・こしょうで完璧です。
c0068922_23234324.jpg

やはり夏はあつい!
あまい!すっぱい!からい!で、
どうぞあつさを吹き飛ばしてくださいねっ!!
by oceanfoods | 2005-07-21 23:35 | アジアン・南方系

ジャークポークOceanFoods風

   安心してください、スパイスは何かが足りなくても多すぎても大丈夫!
   スパイスの使い方の練習にぴったり!
   とにかく使って慣れて自分の味、自分のレシピにしちゃいましょ!
c0068922_018745.jpg



  1.今此処に明かす秘密の漬けダレの中身
    タイム、コショウ、ナツメグ、シナモン、オールスパイス、カイエンペッパー、
    にんにく、醤油、酢、ライム果汁、チリ、玉ねぎ、ピーマン、りんご、セロリ等々
    醤油は昆布系のめんつゆならなおケッコウ!で、150cc位は充分使ってOKです。
    それらをじゃんじゃんミキサーに詰め込み、ソース状にします。
  
  2.豚肉は肩ロース肉の塊1キロ位をぜひとも買い込みそれを2センチほどの厚さに
    切り分け、はちみつ大さじ2~3杯をすりこみます。それから1.の漬けダレに
    一晩つけこみましょう。
    この漬け込むだけの行為がコツの割には
    レゲエの鼻歌がでてしまうおいしさなのです!

  3.漬け込んだお肉はまわりの漬けダレを指でしごいてとる程度でOKです。
    キッチンペーパーなどで丁寧にふきとる必要はありません。
    それを、オーブン(オーブントースターも可)で中よりちょっと高めの温度で、
    焦げ目がつくまでじっくりと香ばしく焼きます。

  4.お肉の厚みと同じくらいの幅に切り分けて、ロメインレタスやオニオン、パプリカ、
    アルファルファ、ズッキーニとなんでもお好みの生野菜を一緒にフラワートルティア
    (ソフトタコシェル)でくるくるっと巻いてできあがり! 
    お肉がしっかりした味付けなので、とくにソースはなくてもOK!
    お好みでマヨネーズやイタリアンドレッシングもいけます。


  楽しくお料理するためには楽しいキッチン用品もあったらうれしいですよね!
  ぜひこちらもごらんくださいね!只今準備中ですがほんのちょっとだけおまちくださいませ。


   食材の質問、購入先等々、また、OceanFoods料理教室のお問い合わせ、
   レストラン開店のメニュープロデュース等々メイルにておといあわせくださいませ! 

  

  
by oceanfoods | 2005-07-01 00:22 | カリブ海方面系