カテゴリ:中南米系( 7 )

DipとGuacamole

Dipの
お豆は
ブラックビーン。
中華の食材の
豆豉もブラックビーン。
今日のは
かなりメキシカンしてるので
豆豉のほうではなくて
ふつーの
Black Beanです。

これ、はじめは
スープとしてつくって
いただきますが、
ちょっと煮詰まっちゃったら
ディップに、
と、
はたらきものです。

ベーコンと
ブラックビーンを炒め煮して
味付けは
ほとんどがサルサソース。
たくさんつくっちゃったので
冷凍しといたの~
ってのでもOKだし、
市販のものでも
だいじょうぶ。

仕上げは
サワークリームを
のっけて。
あたためた
トルティーヤでも
クラッカーでも
フランスパンでも
おこのみの相棒で
めしあがれ。

c0068922_21533094.jpg

c0068922_21535992.jpg


で、
こちらは
蟹カマ入りの
アボカドの
Guacamole.
コリアンダーを
たっぷりのっけて
いかがでしょ。

外国語を
カタカナでかくと
ひとそれぞれで
たのしい。
このGuacamoleにしても
ワカモレ
グァカモレ
グアカモリ
などなど、もっとありそう。

こちらのGuacamoleは
なまの
おやさい、
にんじん
セロリ
大根
きゅうり
スナップえんどう
などなど
スティックやさいに
つけても
お~いしぃ~~っ!し、
トマトに
たっぷりかけてたべても
おいしいっ!

厚めに
輪切りにしたトマトに
ちっ、
と、お塩をしたら
グリルしてもいいし、
フライパンでやいてもOK。
それをトーストパンにのせて
このGuacamoleを
たっぷりかけてたべるのも
おいしいっ!

ひとりのランチも
たのしくなる。
by oceanfoods | 2009-05-14 22:24 | 中南米系

tex-mex corn bread


c0068922_20485836.jpg

赤いのは
ドライトマト。
黒いのは
オリーブ。
なんとなく白いとこは
チーズ。
で、
コーンミールで焼いてるので
全体が
黄色っぽいのです。

甘さもあるんだけど、
かっらぁーーーいのです。
ふしぎといっちゃ、
不思議でもあります。
へんなあじ、
と、
二度と手を出さない人。
ん?んんんんっん?
と、
やめられない、
とまらな~い♪
の人。
くっきりと
わかれるようですね。




先人たちの
一つ一つを大切にする
素晴らしい出会いと智慧のおけげで
食材たちは
生き生きと
縦横無尽に
地球上を大交流します。

宇宙から地球を見たら
どこにも国境のラインは
見えませんものね。

もちろん
フードマイレイジは
小さいことが
とてもだいじですね。

でも
ときにはちょっぴり
その恩恵に預かり、
たのしく
おいしくいただいて、
もっともっと
元気になるぞっ!
そして、
1人でも多くのひとに
はげましの風を
送れるようになるぞっ!
って
おもっています。
by oceanfoods | 2009-02-25 21:43 | 中南米系

クイックブレッド

ずいぶんとまえに
おともだちから
もらった
クイックブレッドの
レシピ、
いっくらさがしても
みあたらないものだから
いいかげんな
分量で・・
と、
パンや
おかしづくりの
タブーを
けろっと
やぶり
つくったら
あら、
おいし。
c0068922_2323928.jpg

ドライトマトや
チーズ、
フライドオニオン、
チリなんかもいれちゃって
ひぃひぃいいながら
いただきます。
お塩もきかせて、
お茶がはかどる、
はかどる。。。

いいかげんに
つくったので
レシピはありませんが、
蒸パンのレシピに
おこのみのもの
どんどんいれちゃって、
蒸すかわりに
オーブンでやく、
ってかんじです。

さてさて
もうひとひねりして
ごきげんな
おいしさに
到着するよう、
しょうじん、
しょうじん!!
by oceanfoods | 2008-07-09 23:14 | 中南米系

Fajitasかんたん系

c0068922_17121248.jpg


調味料!
FAJITASと書かれた
ぺったんこで、葉書より一回りほど小さい袋が
市販されているので大いに使いましょう!
ブランドによっては、化学調味料たっぷりのもあるので
つかいたくなぁ~~い、と言うかたは、
ぜひ、Fajita Marinadeのレシピをお問い合わせくださいね!
肉!
では、その袋に書いてある使用方法の通りに
牛肉厚切り(ステーキ肉)を細切りにして、
最低1時間はマリネしましょう。
その後オーブントースターで充分ですので焼いておきます。
野菜!
トマトはさいの目切りに。
レタスはちぎって。
アボカドはスライスか、市販のワカモレでもOKです。
リフライドビーンズは缶詰で充分。
シラントロ(メキシカン料理をきどってるので、コリアンダーはこの名で登場)
 は、きざんでおきます。
チーズ!
シャープチェダーや、モンタレージャックチーズなどを
細切りしましょう。
すでにきってあるものを買ってもよ~し。
仕上げに!
お好みの辛さのサルサソースとサワークリームで。

以上の具材を、
お好みの大きさのフラワートルティアにはさむだけ。
順番も量もおこのみで。
アボカドをぬるようにしたほうがおいしぃっ!
とか、
リフライドビーンとチーズをあたためたほうが、
んまいっ!
とか、わいわいやって
おいしい発見をたくさん、
大笑いもたくさん、
で、もりあがってくださ~~い!

そうそう、
フラワートルティアは、
フライパンで充分なので、キモチあたためましょう。
ふにゃっとなるくらいで充分で、
火を入れすぎるとぱりぱりになりたたみずらいですね。

ハワイでは、low-fatのサワークリームを
おみかけするとおもいますが、
もし、日本でもあったらほしいな、っておもいます。
ご存知の方は、
どーぞ情報をぷりぷりぷり~~ず!
by oceanfoods | 2007-04-14 17:54 | 中南米系

サンタフェサラダOceanFoods風

c0068922_2056174.jpg


こんなに簡単でおいしいサラダ、
カロリーなんてなんのその!
でも、そこはOceanFoods流にお豆腐を使ってちょっとでもヘルシーに。

ゆでた海老、アボカド、しっかり水切りしたお豆腐をバランスよくお好みの量で混ぜ合わせます。

味付けは、塩・オリーブオイル・アメリカンタイプのマヨネーズをほんの少々・
みじんぎりのコリアンダー、決め手は変色を防ぐためにもレモンをぎゅっ!
少しづつお味見しながら、おいしっ!の到達点をさがしてくださいね。練習、練習!
サルサソースをいれてもおいしいのですが、色合いはちょっとにごります。
ライムがあればなおケッコウ!オニオンスライスと共に盛り付けしましょう!

前出のケサディアにのっけて食べたらゴクラクものです。。


中南米系がつづいていますが、ハワイアンもどうぞこちらから。。
by oceanfoods | 2005-09-01 21:15 | 中南米系

クラシックなサルサのレシピです

前回のケサディアにそえられたサルサのレシピです。
辛さは加減してくださいね!この分量は、種も入ったハラペーニョを
全量いれると、頭がちょっとぼわっと熱くなる、かもしれません。。。
c0068922_22111717.jpg
大体3カップできる量です。
トマト  -------   中4こ
玉ねぎ -------  あらみじんで小1こ
ハラペーニョ --   みじん切り2~3こ
             生があればベストですが
             瓶詰めでもOK!
             辛さが苦手な方は種をすべて
             取り除いてみてください。
             炊事用手袋をして作業しま
             しょう。目に入ったり、肌についたりしないようご注意を!!
             青唐辛子、島唐辛子などもじつにおいしいです! 
             
コリアンダー --  みじん切り1/4カップ
にんにく ------  一片を極細かいみじん切り
ライム果汁 ----  大さじ2杯
塩・こしょう ---   適量
(写真のサルサにはこのレシピにピーマン2個を
 あらみじん切りにしていれてあります。)

トマトを半分に切って種をだし、さいの目ぎりにし、材料をすべてまぜあわせて、
密閉容器に入れ一時間~三日間冷蔵庫で冷やして時々かきまぜ、味の変化も
楽しんでしまいましょう。

メキシカンも大好きハワイアンも大好きなかたは、こちらもどうぞ!



            
by oceanfoods | 2005-08-19 22:41 | 中南米系

2種のケサディア・OceanFoods風


c0068922_10203365.jpg
最近ではスーパーマーケットや輸入食材店でフラワートルティアが
売っている事が多くなりましたね。
タコスもブリトーもいいけど、ここはOceanFoods流のケサディアといきましょう!
まず1種類目Aの中身は、
  薄くスライスしたトマト・茹でて5~6㎜にスライスしたじゃがいも
  塩・コショウ(・チリペパー・クミン・ガーリックパウダー等もあいます)

2種類目Bの中身は、
  合挽きか、牛挽肉500g程度を油をひかずに良くいためて、
  フライパンに出た余分な油分はペーパータオル等で吸い取り捨てます。
  そこにTacoシーズニング一袋と水を記載されている分量をいれて
  煮詰めます。これで、タコスにいれるあの挽肉ができあがり。
  冷凍も出来ますので沢山つくっておくと便利です!
  他にも応用範囲がひろいので、是非作り置きしてみてくださいな。

それぞれの具とモッツァレラチーズ(お好みの溶けるナチュラルチーズでOK)
が用意できたら、トルティアの皮が平らに広がるフライパンを用意して
オイルを使わずにトルティアをひろげて中火以下にかけます。
そこにAかBの具を全体に敷きつめます。厚みはせいぜい1㎝以内にしてください。
(AとBミックスもおいしいですが厚すぎるとチーズで上下の皮がくっつきません。)
そうそう、ピッツアをつくるときに、具をのせて、その上にチーズをのせる、、
というあの要領です。ピッツアとちがうのは、その上にもう一枚のトルティアを
かぶせて、上から手のひらで(この時点ではまだ全然熱くないです)
押し付けるようにして、上下の皮、具の三位一体をひっつけるのです。
チーズがとけてくるとちゃんとくっつきますから、はぁ~っ!っとかろやかに
気合のこもった掛け声とともにひっくりかえし、
両面がこんがりパリパリになったら切り分けてふ~ふ~いいながら
いただきましょう!

 サルサソースは、付け合せのアボカドサラダと、次回です。
 とりあえずサルサソースをつけずに頬張っておいてみてくださいね。
 これだけでも充分おいしいのですが、サルサソースとの相性で、
 マルガリータ、も~いっぱい、おかわりっ!きまり、です。

 ご質問やお問い合わせなんでもど~ぞ!こちらの<お問い合わせ>からでも
 コメントに残していただくのも大歓迎です!
 
by oceanfoods | 2005-07-31 10:26 | 中南米系