アジアン辛きんぴら

ナンプラーを使ってつくったものですから、
アジアン、となるわけです。
それだけなので、
すこし気恥ずかしい、ネーミング。。。

c0068922_1320942.jpg


 にんじん       -----     1本として
 ピーナッツオイル  -----     大1~1、5
 (ごま油・サラダ油・グレープシード油等お好みで)
 めんつゆ       -----     大1
 ナンプラー      -----     大1
 (なければめんつゆを大0.5程増量しましょう。
  その場合名前はただのにんじんのきんびら、です)
 クラッシュチリ    -----     少々
 (なければタカノツメや唐辛子でもOK)
 いりゴマ       -----     大量
 甘辛がお好みなら、みりんを大1程度

にんじんは細めの拍子木切りでも、太目の千切りでも
お好みのサイズにカット。
これまたお好みのオイルでちゃっちゃ、と炒めましょう。
出来上がりまで、中の上の火加減がよいようです。
にんじんが、
いまよっ、調味料いれて!って合図してきた気がしたら
(みりん)じゅっ、めんつゆじゅっ、ナンプラーじゅっ、
といきましょう。
材料を全部用意しておけば、
にんじんがしゃっきぃ~んとした状態でしあげられます。
汁気を全部とばすのも、
少々残すのもおすきなスタイルでどうぞ。
ただし、きんぴらですから、
お味をしっかりしみこませましょうね。
で、
火を止めたら、クラッシュチリと
大量のいりゴマをかけてできあがり!

なのですが、ここで少々
クラッシュチリについて。
ビンには<Shrimp Flavor Crashed Chili>
とかかれています。
アジアン食材店、タイが強いお店にあるようです。
ほんの少々で激辛です。
でも、激辛の中にダシのおいしさをかんじるのは
Shrimp、とあるからでしょうか。
このチリ、とても働き者ですから、
もし見つけたら購入するのもよいかも。

おためしあれ。
by oceanfoods | 2007-01-13 13:59 | アジアン・南方系
<< サンドライトマト サンウェーブキッチンスタジオお... >>